Niko Villegas

Philippines
プロフィール

1983年12月1日、有名なダバオの写真家でアーティストでもあるArnel S. Villegasと妻のTeresaの4番目の子として、将来の職業が予言されるように運命づけられた名前をもつNiko Miguel Ma. Gempesaw Villegasが生まれた。彼は、写真と芸術の中で成長していった。

有名なカメラのブランドにちなんで名付けられ、彼のお父さんのおかげで、非常に若い年齢で芸術にふれた。すぐに彼は成長し、アテネオ·デ·ダバオ大学で"AB Communication Arts"を学んだ。彼は大学で選択科目として写真を始め、地元の日刊紙やウェブサイトの仕事に取り組んだ。

彼は視野を広げることを決心し、第二の学位を追い求め、2006年にアメリカに移り住んだ。ニューメキシコ州のアルバカーキにある"The Art Center Design"大学で、写真の文学士号を取得した。

2008年に第二の学位を取得した後、彼はニューヨークに移住し、Ace Lensman Xander Angelesと契約を結んだ。彼は技術にさらに磨きをかけるため、ニューヨークで2年を過ごした。

父親の慣習的で細部まで注意を払う技術を受け継ぎ、できる限り撮影後の編集作業に依存しないよう、彼はシャッターを押す前にすべてを決めており、伝統的な写真撮影のような媒体を扱っている。

並んでデジタル撮影を並行して、学校で暗室フィルム写真を取り上げた。

肖像画、ファッションや広告写真撮影に集中したが、彼の父はさておき、彼に主要な影響やインスピレーションを与えたのは、助言者であるXander Angeles, Jerry Ghionis, Chase Jarvis, and Richard Avedonであった。

現在、彼はフィリピンのマニラを拠点に活動しており、ライト·スタジオのEdgeの仕事をしている。国のトップの出版物や主要な広告キャンペーンの撮影をしている。また、Phottixの写真機材やロープロのバッグ、 Wacom Cintiqのタブレットなどを宣伝しており、フィリピンで最年少のX-Photographersである。

© FUJIFILM Corporation