Michael Schnabl

Austria
プロフィール

10代の頃から熱心な写真ファンで、大人になって情熱を仕事にした。写真家として、主にクリエイティブな広告や人物を撮る。また同時に、彼の風景写真や旅写真は、雑誌のエディトリアルにフィーチャーされることもある。モットーは、"写真は、撮らずに、創ること"。被写体のありのままを再現するのではなく、見ている人々の目を惹きつけるイメージを創ることを心がけている。シャッターを切るタイミングだけでなく、計画や下準備、ポストプロダクションなど、全てが重要な要素となる。

彼の独特なスタイルは、オーストリア国内の顧客だけでなく、世界中のクライアントに認知されており、それを誇りに思っている。

フォトコンテストで入選すること数多くある。2012、15年にはj、Trierenberg Super Circuitのゴールド賞を獲得。European Professional Photographer of the Year Awardでは過去5年間で10タイトルを獲得。

また、2011年からは、彼のテクニック"Completely unfiltered"写真(構図やポストプロダクション)のワークショップを開催している。

コメント

X−T1と数本のレンズで、全てやりたい撮影ができてしまう。それでいて、デジタル一眼レフよりも半分くらいの重さにしかならない。ロケや旅の際には、これがとても便利だ。さらに、X−T1の色再現は美しく、他のシステムでは真似できない色だ。

© FUJIFILM Corporation