Markus Anderson

Australia
プロフィール

シドニーに生まれる。真実を暴き、意外性のある写真を撮ることに情熱を注ぐ写真家。
ニューヨークやパリ、トロント、イスタンブール、シドニーなどで世界中で彼の作品は飾られている。2015年に自身初となる「Against The Light」を出版。第2弾「Cabramatta: A moment in time」を2017年に発表。

X100Fのインプレッション

X100Fはダイナミックで直感的な操作が良いスナップシューティングに適したカメラだ。シャッターチャンスは一瞬。X100Fは瞬時に設定の調整をしてシャッターを切ることのできるカメラだ。小さくて静寂なので、周りの注意を惹くこともない。ほとんどの人が私の存在に気付いていないだろう。おかげで、被写体が自然体の状態で写真を撮ることができる。

カメラをモノクロに設定した時、グレインエフェクトはとても有効だった。フィルムを彷彿とさせる描写になる。コントラストを強めにして、オーストラリアの強い日差しと、それに反する深いシャドーを白黒の世界で描くんだ。

カラーの時はビビットでインパクトの強い写真を描く。ポップ調な表現を私は好む。

オートフォーカス性能は正確で高速。満足のいくものだ。ピント合わせに時間を要さないのでその瞬間を捉えることができる。マニュアルフォーカスももちろん可能。往年のレンジファインダーの様にピント合わせもできる。

ストリートフォトやポートレート写真に適したカメラだと思う。写真を撮ることに集中させてくれる良いツールだ。ストリートやドキュメンタリーフォトにおいて欠かせないカメラとなった。

Gear
Website & SNS links
© FUJIFILM Corporation