Ka Tai Leong

Hong Kong
プロフィール

Leong Ka Taiは、プロの写真家として40年近く活動している。彼は、アメリカで工学を学び、イギリスで就職したが、後にパリで写真撮影の道に進むことに決めた。

香港に戻り、1980年代には特に中国で、長い旅をしながら写真を撮影するようになった。

彼の写真は、香港、ヨーロッパ、アメリカ、東南アジアで展示されている。また22冊の著書と、National Geographic、GEO、Stern、Life、New York Times、the Sunday Telegraph、Paris Matchをはじめとした数えきれないほど多くの雑誌に掲載されており、様々な地域や海外で賞も獲得している。

コメント

私は、壊れかけのライカと35mmレンズで写真家の道を歩み始めた。それ以来、私は様々なカメラを使用してきた。昨年の10月に5か月の長旅に出かけた時は、原点に戻り、X100Sだけを持っていくことに決めた。レンズ交換や、ズームイン・ズームアウトに邪魔されることなく、写真とスナップする瞬間に集中することを楽しんだ。このカメラは決して完璧ではなく、特にパワーマネジメント機能には不満があるが、画質は極めて素晴らしい。特に暗闇での撮影での画質が優れている。

Gear
Website & SNS links
© FUJIFILM Corporation