Kevin Mullins

UK
プロフィール

ドキュメンタリーウェディング写真家。2008年にプロとして結婚式撮影を開始して以来、イギリスだけでなくヨーロッパ各地の結婚式を撮影してきた。ドキュメンタリー風に撮影するスタイルで、"伝統的な"結婚式写真ではなく、フォトジャーナリズムを通じて式のストーリーを表現するよう努めている。

コメント

私は、ウェディングフォトグラファーだ。私の撮る写真は、ありのままを捉えたスナップショットであるようにしている。結婚式という特別な場にいるだけで、掘り下げてみると、結局のところ"人々は人々"なのだ。富士フイルムの小さなミラーレスカメラで撮影をする。自然光だけを頼りにして。そうすることで、あらゆるシーンを捉えることができる。遠くから望遠レンズで写真を撮る写真家もいるが、私は、中へと入り込むことを好む。クライアントが写真をみて、その時のことを参列者の目線から眺めれるような写真を撮るようにしている。結婚式当日が、写真家との"ファッション撮影"のようだったと思いだすようなことはしたくない。むしろ、私の事は忘れてもらってよい。それよりも、50年後に孫たちに写真を見せて、そのときあった出来事や参列者のことなどを語れるようにしてもらいたい。写真を撮るとき、ポーズなどのディレクションは一切出すことはない。私の役目は観察者であり、想い出を創りだすキュレーターだ。その瞬間を捉えることが私の仕事だ。

富士フイルムの大使として遠くは、日本やアルゼンチンでスピーチをしたことがある。アメリカやヨーロッパの各国でウェディングの撮影もこなす。だが、そんなことは、クライアントが私の仕事に満足できなければ関係ない。私の仕事、それは、リアルな瞬間でリアルな写真を創りだすことだ。

© FUJIFILM Corporation