Juneyoung Lim

Korea
プロフィール

写真家のジューンヤング・リンは、建築物と美術品の撮影を専門としている。彼は韓国ソウル生まれで、サンフランシスコの Academy of Art Universityを、写真学の学位で、そして、ニューヨークのSchool of Visual Artsをデジタル写真学のMPSで卒業している。

彼の家族は皆写真家である。写真家一家の四代目として、彼は人生において常に写真を撮影し続けている。

父のそばで、その仕事を見ながら育った彼は、建築物を芸術品と見るように学んだ。

韓国初の建築物専門の写真家として有名であった人物の息子として、ジューンヤングは、「自然―建築物―人間」に情熱的に惹きつけられている、建築物と美術品を専門とする写真家で、さらには自らの知識を弘益大学校(韓国)のIDAS(International Design School for Advanced Studies(デザインを専門とする大学院))の生徒に教える教授でもある。

彼の作品―「水のように:第一部」、「新たなる化石」等―は、サンフランシスコ、ニューヨーク、そして韓国の多くのギャラリーで展示されている。現在彼は新しいプロジェクトに注力している。

© FUJIFILM Corporation