Jozef Peniak

Slovakia
プロフィール

肖像および商業写真家のJozef Peniakはその画像作成プロセスへのアプローチにおいて示される熟練の技術と情熱で知られている。彼はプライベートな肖像を撮る仕事を大切にしている。人気の教師として現在、スロバキアのニトラのPrivate Art Secondary Schoolで教鞭をとる一方、スタジオ照明技術や肖像写真に特に焦点を当てたワークショップやセミナーを国中で開いている。彼はまた編集者としても働いており、www.ephoto.sk.で写真撮影機材のレビューも行っている。

Jozefの写真撮影スタイルはオープンである。レタッチを最小限にとどめ、コンピューター上で画像を加工することがないからである。人それぞれをユニークな存在にしている微妙なニュアンスを見極めることに情熱を燃やしている。最大の長所は写真撮影中にフレンドリーな雰囲気を作り出し、肖像写真の被写体をごく自然に捉えることができることである。写真撮影中に生じる恐れのあるほとんどすべての技術的問題にうまく対処することができる。最近はフォトジャーナリズムと風景写真撮影に没頭している。個人的なプロジェクトにも取り組んでおり、自分の回りや常に変化している新しいヨーロッパのスロバキアを記録している。

コメント

私の考えでは、Xシリーズのカメラは非常に魅力的なコンセプトを追求している。特に画質の良さ、小さな寸法を評価している。お気に入りのカメラはX100だ。その昔ながらのコントロールとハイブリッド・ファインダー、静かな操作性と素晴らしい画質を気に入っている。このカメラで写真を撮り、ハイブリッド・ファインダーを使いながら絞り値を設定するのは至極の喜びである。レンズ交換式のモデルではX-Pro1とFujinon XF 35 mm F1,4やXF 60 mm F2,4との組合せにも魅力を感じた。

© FUJIFILM Corporation