Jacques Gillon

France
プロフィール

スキューバダイバー。80年代にはUnderwater Film Festivalで金賞を含む数々の賞を獲得。マダガスカルに滞在した時はCD-ROMをリリース。またインドネシアで撮影した"A wildlife and nature experience"をDVDでリリース。

2005、2006、そして2008年には、International Wildlife Photography Festivalで賞を獲得。鳥類学者のClaude Feigné氏と共同で “Instants d'Oiseaux"を出版。

2008~2013年の間、 International Ornithological Film Festivalに主賓として招かれる。フランスをはじめとしてヨーロッパ各国で作品を展示している。

妻と共に世界中旅をする。自然が美しい南アフリカで撮影した作品をポートフォリオとしてまとめている。2010~2011年にわたり、6か月間中米とブラジルに滞在。生物多様性をテーマに撮影をする。

2011、2013、2015年にはカメルーンへと旅立つ。ボランティアとして働きつつ、チンパンジーの保護地区に滞在、撮影を敢行する。

コメント

カメラは3台使う。1台はX-E2、あと2台はX-T1だ。レンズはXF14mm、XF23mm、XF35mm、XF56mm、XF55-200mmを使う。Xシリーズを選んだ理由は主に3つある。

・カメラはコンパクトながらセンサーは高品質なこと。
・メニュー画面をいちいち見なくてもセッティングを瞬時に確認できること。
・撮影した画像はセンサーが捉えたありのままのものに仕上がること。これは、うれしいことである。

私にとってXシリーズとは写真家向けに作られた美しい機材であり、レンズ群は最高品質なものである。

© FUJIFILM Corporation