Guillermo Calderón

Mexico
プロフィール

1983年メキシコシティに生まれる。パイロットの父を持つ彼は、16才のころから旅先で撮った写真で収入を得ることを学ぶ。18才になると、写真について子供たちにレッスンを与える立場になる。2003年にデジタル一眼レフを購入して以来、フィルムカメラを使うことは無くなった。フィルムカメラで撮影した写真すら振り返ることはないほどだ。

人々を撮ることを好む。2009年、婚礼・ポートレイトスタジオNunu Bodasを立ち上げる。メキシコシティの婚礼写真とビデオのトップフォトグラファーに選出されている。

230人もがバスタブに浸かった写真をとるプロジェクトなど、様々なプロジェクトを敢行する。その数多くの写真は、その時初めてであった人々が被写体だ。

2015年にXシリーズに完全移行をする。婚礼ビジネスから身を引き、写真は再び趣味の世界となった。今までは他人にカメラを向けていたが、今は、彼の生活を写真に収めることにしている。

シンプルな形と構図を追い求めている。光が主役になるように。

コメント

Xシリーズを初めて使ったとき、"機械っぽくない”と感じた。人々が、私のカメラに目線を向けたり、反応することについては、個人的に気にならないが、このカメラは、脅威を与えないカメラと感じたんだ。その当時は、まだ婚礼写真の仕事をしていた時。よく言われているように、Xシリーズの売りはコンパクトで軽いこと。重い機材を手放したことを私の体から感謝されている。

Xシリーズは外に出て、新しい撮影をする気にさせてくれる。私にとって、写真とは、外の世界に秩序をもたらすこと。Xシリーズはどのカメラよりも、それをうまくこなしてくれる。

© FUJIFILM Corporation