Gabriele Lopez

Italy
プロフィール

1974年にイタリアのミラノで生まれ、人生のほとんどをミラノで過ごしている。写真撮影とは、個人的な人生の価値観といったフィルターを通して映りだされる現実と私自身が創出する世界の間の遊びである。

主にコマーシャル、イベント、結婚式の撮影を手掛けている。仕事のときでも自分らしさを忘れぬよう、自分が大切だと感じる本質を見出すように心掛けている。たとえ撮影のスタイルに変化があっても、「シャッタースピード」や「絞り」という用語もわかっていなかったカメラとの出会たころからの情熱を持ち続けるようにしている。

http://www.gabrielelopez.org
http://gabrielelopezrecord.wordpress.com
http://gabrielelopez.me

イタリアの自主出版を促進するOSCURAのメンバーである。

コメント

私はシンプルで小さなカメラを好む。カメラは家に置きざりにされてしまうと役目をはたさない…。私は使命をもって写真を撮るタイプの人間ではなく、日常生活を撮影する。たとえ写真を撮る予定がなくてもカメラなしで出かけることはない…。カメラを携行できない国には訪れることもない。 職業上のニーズと技術的要素があると背中にたくさんの重量物、大きくてかさばるカメラやレンズを担ぐことになる…専用のニーズとはっきりした仕事の哲学のためには結構だが、この種の写真撮影には興味がない。

私はできるだけ出しゃばらず、被写体に敬意を持って撮影するスタイルを好む。それにより私は自由に動き回れるし、身軽に旅することができ、最高のクオリティを得る自信を持つことができる。私は撮影を行っているときでも被写体が私の顔を見ることができる状況、カメラを片手だけで十分に操作できること--これで私が感じていることの説明となっていればいいが--が好きである。

富士フイルムのカメラのインターフェースは本当にシンプルであり、今日の市場では時代遅れのように思えるし、恐らくそうなのだろう…。しかし得られる画像は文句なしに素晴らしく、その上で私が行っていることについて考えさせられるのだ…。プロの写真家が仕事用に使用するカメラとしても成り立ちながらも、昔のフィルムカメラのように毎日一緒に携帯することもできる。

電子ファインダーはありのままの画を表示させてくれ時間の節約となり、ミスを回避し、面倒なポストプロセシングを回避させてくれる。レンズは小型、優良、で明るい。ボタンやコマンド操作の代わりにダイアル操作なのもいい。2つのボディー、4つのレンズ、フラッシュとバッテリーがメッセンジャーバッグに手軽に収まるため、旅行や、家から遠く離れて仕事するために飛行機や列車に飛び乗るのにうってつけである。

余計なものはない方がいい。私はできるだけシンプルに撮影し、目の前で起きていることに集中したい。

© FUJIFILM Corporation