Frédéric Boehli

France
プロフィール

Frédéric BOEHLIは、アーティストの写真を撮影している。彼は、ミュージシャン、シンガー、ユーモア俳優、コメディアンのステージ上やバックステージ、準備中の姿やスタジオでの姿を撮影している(Liz Cherhal, Shirley Souagnon, Marie Desroles...)。彼は、機会を問わず、撮影需要に応えるために一年中彼らを追いかけている。

ステージや路上でのシンプルな「自撮りっぽい」ポートレート写真から、メディア制作用の複雑なスタジオ撮影にいたるまで、彼の優れた技術により、臨機応変に自然な姿を撮影することができる。信頼に基づく関係は、アーティストの最善を引き出し、すばらしい写真を撮るのに欠かせないと彼は考えている。

コメント

X シリーズカメラを使うことを決めたとき、写真の真髄に立ち返ったような気がした。フィルムカメラで写真を撮り始めたときに好きだったようなスタイルの撮影である。私のニーズに応えて調整可能であり、すぐに私のアイディアに合わせることのできながら、目立たず、画質を損なうこともない機材を私は必要としている。X-T1のビューファインダーは、非常に楽だ。ランダムショットがなくなりながら、かつてないほど正確である。技術的には、高感度のISOでも、ノイズが見られず、ディテールが豊かで、画像が鮮明、色やダイナミックレンジ、レンダリングが完璧なため、画像をチェックするたびにこのカメラには感嘆する。このカメラは全てを備えている!画質は、RAWでも、JPEGでも、驚くほどである。

これはすばらしい機材である。適応性があり、反応が早く、恐ろしいほどに正確である。さらに、以前の機材の3分の1の大きさしかない。

頑丈で、レンズは信じられないほどすばらしい。ズームや単焦点レンズ。全てのレンズが高品質で、その光学パフォーマンスは、驚異的である。

ファームウエアのアップデートを通じた富士フイルムの製品開発のフォローアップ、現場のニーズに見合ったツールの開発と、写真家の声に耳を傾ける能力は、驚くべきものだ。私にとって、これら全ての特性が相まって、大きな前進を遂げた。この自由のおかげで、私は創作活動に専念することができるようになった。

© FUJIFILM Corporation