David Guenther

Canada
プロフィール

私はカナダのアルバータを拠点にする、ウェディングおよびライフスタイルフォトを専門とする写真家である。私は、それが結婚式の日であるのか、ロッキー山脈での冒険なのか、もしくは、ただただ愛し合っている二人の物語なのかにかかわらず、物語を伝えることに力を注いでいる。私は、現実に存在する生き様を記録することに心血を注いでいるのだ。旅を愛している。そして、仕事のお陰で様々な場所を訪れる事ができるのは、本当に幸福だと思う。

コメント

X-E2は私にとって完璧なカメラだ。これ以上愛せないくらい、愛している。

私はいつなんどきでも、写真を撮影したい。しかもすべてを写真に収めたい。でも、旅に出ているとき、家で子どもとのんびりしている時に、最もやりたくないのは、巨大なデジタル一眼レフカメラと単焦点レンズを取り出すことだ。もちろん、デジタル一眼レフカメラには愛着がある。でも、とにかくかさばるし、存在感がありすぎるのだ。

X-E2は小型なのに、信じられないくらい素晴らしい画像を生み出す。このカメラを使用した街中の写真は、まるで魔法のようだ。そして、このカメラを使い始めてからというもの、私は再び、じぶんを取り巻く世界の日常すべてを記録したいというインスピレーションを持つようになったのだ。

最近家族と共に訪れたパリでは、私が情熱を傾けている事柄の一つである、街中の写真にはほとんどX-E2のみを使用している。それはまるで夢のようだった。被写体となった人々や周囲の環境に、私はほとんど介入しないでいながらも、私が創りだした画像は、これまでに制作したどの作品よりも最高の出来栄えをしていたのだ。私はどう捉えても、デジタル写真の細部を偏執狂的に気にするような写真家ではない。私は単に、美しいトーンの写真を生み出したいだけだし、自分が満足する写真を生み出したいだけなのだ。私はこのカメラの能力にすっかりしてやられてしまったのだ。

唯一私が心配に思ったのは、このカメラを使いこなせるようになるまで、どのくらいかかる、ということであった。でも、私はあっという間にその使い方をマスターして、使いこなせるようになってしまって、自分でも本当に驚きであった。そんなに簡単であった最大の理由は、電子ファインダーがあって、自分の露出の調整を、実際にやりながら見られたからであった。おそらく、この機能が私がこのカメラで一番気に入っている機能だ。

私は本当にX-E2に、そしてそれを使って生み出した作品に大変満足している。今後も数多くの冒険に、このカメラが一緒にいてくれることを確信している。

Gear
Website & SNS links
© FUJIFILM Corporation