Bruno Morandi

France
プロフィール

Bruno Morandiは、1959年にノルマンディー人の母と、トスカーナ人の父の子として生まれる。幼少時代は、父の故郷のトスカーナで夏を過ごした。光の質感が絵画を思わせる起伏のあるトスカーナの景色は、明らかに、彼の視覚と旅への情熱に影響を与えた。その後、彼はパリで建築を勉強し、ネパール、パキスタン、インドへ行くようになった。

Bruno Morandi は。1990年にプロの写真家となった。それ以来、Figaro Magazine、Geo France、Geo Allemagne、 Grands Reportages、Le Mondeなど多くの雑誌の仕事をしてきた。又、「Toscane Eternelle」や「Tableaux du Rajasthan」など十数冊の本もFlammarionと共著している。彼の作品は、Getty、Corbisや Lightmediationなどが配信している。

コメント

私は、X100が発表されたときに、Xシリーズに関心を持ち、そしてそのカメラ性能に驚かされた!デザイン以外にも、画質と軽量の優れたバランスに感銘を受けた。旅することが多く、何日も街を徘徊して、世界の雄大な場所を訪れる。なので、私は、画質に妥協せずに荷物を軽くしたいので、まっさきにFUJIを持って行く。富士フイルムのカメラを使うと、私のスタイルに完璧にマッチしていることに気づく。素早く人生の瞬間を切り取りながら、光や色は素晴らしい景色を忠実に再現している。そして、何よりも、目立たず、音もうるさくない!私は最近、ドローンから空撮するようになったが、ここでも軽量の富士フイルムのカメラが大活躍だ! X100S、X-E1およびX-Pro1を使用したので、次はX-T1を試してみる。

Gear
Website & SNS links
© FUJIFILM Corporation