Alexandre Wittboldt

Brazil
プロフィール

1971年11月生まれ、サンパウロカトリック大学法学部を卒業したAlexandre Wittboldtは、写真好きが生じて活動開始。Panamericana School of Artsandにて写真を勉強後、写真に関するコースやワークショップに参加。
彼の作品は、多くの展覧会、プロジェクトやイベントで展示されている。Wittboldtの写真のテーマは、都市、人々そしてライフスタイルが多い。
現在、Wittboldtは、Trip dos Pássaros (「鳥の旅」)というパーソナルプロジェクトに力を注いでいる。これは、彼と妻が世界中を旅して、珍しいもの、地元の日常生活やライフスタイルだけでなく、建物や景色などのその他のものを記録していくものである。
住居と活動の拠点はブラジルのサンパウロである。

© FUJIFILM Corporation