Alex Vreeman

Netherlands
プロフィール

Alex Vreemanは、熱心なFUJIFILMのアンバサダーで、富士フイルムのXシステムを仕事に使用している。彼にとってポートレートは、単なるポートレートではない。普段はカメラの前に立つのを躊躇する人、これまで写真写りが悪いと信じ込んでいる人、Alexの哲学である「観る人にとって、美しさは人柄の中にある」に当てはまる人を被写体としてパワフルな写真や、個性的な写真を写し出すことを主眼にしている。

彼が写すポートレートは、きわめてパーソナルであり、その人の人柄や弱さを子細に捉えており、それは、本人が他の人にその写真を見せようとしないこともあるほどだ。

仕事は、リラックスできるプロ・スタジオ、またはデイライトのスタジオを活用する。ポートレートの仕事は、主に自然光を最大限活用できるデイライト・スタジオで行う。セッションの前とセッション中の会話は、写真そのものと同じぐらいに重要で、そこでその人の人柄が露わになり、それによって個性的でパーソナルな写真になる。このような状況でこそ、控えめでありながら、非常にパワフルな富士フイルムのXシステムの本領が発揮されるのだ。

© FUJIFILM Corporation