Akira Maeda

Japan
プロフィール

1954年、前田真三の長男として、東京都世田谷区に生まれる。中学生の頃から父の撮影に同行。早稲田大学第一文学部卒業後、丹溪に入社。撮影助手を務めるほか、真三作品のさまざまなディレクションを行う。1993年頃から、助手という立場を離れ、独自の撮影活動を開始。進化した丹溪作品を生み出している。写真集に『Intimate Seasons/四季の情景』『春の小川はさらさらいくよ』『二人の丘』『ミッフィーのいる丘』などがある。写真展「丘を巡る季節」「花あわせ」「見つめる木」「一片の山水」など開催。現在、株式会社丹溪、写真ギャラリー拓真館代表。

© FUJIFILM Corporation