元田敬三写真展「HABANAが熱いぜ!」

  • © 元田敬三

    © 元田敬三

  • © 元田敬三

    © 元田敬三

  • © 元田敬三

    © 元田敬三

  • © 元田敬三

    © 元田敬三

大学卒業後、1995年大阪の路上を撮り始め、1997年に上京、東京を中心に日本の都市の路上を撮影。
ストリートを歩いて心が少しでも動けばシャッターを切る。
相手が人であるなら話し掛け、その人の心のうちまで見ながら撮影する。そんなスタイルで撮影をし続けています。
昨年秋と今年春にキューバへ渡航。人々の笑顔や歴史のある町並み、そして古き良きアメリカのクラシックカーを背景に是非、自分の撮り方で写真を撮ってみたいそんな思いから渡航しました。
猛烈な太陽の元、首都ハバナのストリートを連日GFX 50SとX-E3を手に歩き回りました。
キューバの母国語はスペイン語ですが、片言の英語と関西弁でたくさんの人に話し掛け、路上でお酒を呑んだり、笑ったり、喧嘩したり、時に自宅で夕食をご馳走になったりしながら毎日を過ごしました。偶然か必然かいくつかの出会いが写真となり新たな現実となり永遠となる。
僕の記憶が他者の記憶と重なり膨張するような感覚があります。ハバナの過去は六本木で現在となり未来となる。 HABANAの街の熱い写真を熱いキャプションと共にお楽しみください。

※ 8月3日(金)、8月18日(土)に写真展併催イベントとして、元田敬三氏によるギャラリートークを開催 いたします。
※2018年8月1日(水)~8月31日(金)まで、関連ギャラリーの「富士フイルムイメージングプラザ」にて 元田敬三氏と七咲友梨氏による「STREET SNAP」も同時開催予定。

イベントタイトル
元田敬三写真展「HABANAが熱いぜ!」
作家紹介
元田 敬三(もとだ けいぞう)
1997年「ON THE STREET,OSAKA」で第33回準太陽賞受賞。
1997年より上京し、東京を拠点にphotographers' galleryやLotus Root gallery
(現・TOTEM POLE PHOTO GALLERY)の立ち上げに参加するなど積極的に写真作品を発表。
2004年、グループ展「out of the ordinary/extraordinary」現代日本写真 -海外巡回展に参加。
(国際交流基金ギャラリー/ケルン、ドイツ・欧米・アジア主要都市を巡回)
2016年、「東京・TOKYO 日本の新進作家展 vol.13」(東京都写真美術館)にて「ツッパルな」発表。
国内外で個展、グループ展多数。
一貫して都市の路上をテーマに一期一会の人物スナップショットを製作。
「時代は変われど人と人との関係は変わらないし、カメラはわたしと人を繋ぐパスポートで有る。」
開催日時
2018年8月3日(金)- 8月23日(木)
開館時間
10:00 - 19:00 (入館は18:50まで)、無休(年末年始除く)
開催場所
富士フイルム 東京ミッドタウン本社1階 フジフイルムスクエア内

お問い合わせ
E-mail: fuji.gallery-x@fujifilm.com
Tel : 03-6271-3782 受付時間 10:00 - 18:00(年末年始除く)
その他
フォトギャラリー連絡会の申し合わせにより祝花は堅くお断り申し上げます。

スケジュール へ戻る