X100の視点

  • © Szymon Szczesniak

    © Szymon Szczesniak

  • © Szymon Szczesniak

    © Szymon Szczesniak

  • © Riccardo Spatolisano

    © Riccardo Spatolisano

  • © Riccardo Spatolisano

    © Riccardo Spatolisano

写真撮影と”眼”に関することばは、非常に多くの残されています。 それは、メキシコの巨匠マヌエル・アルバレス・ブラーボの”写真家の主な道具は自分の眼です”、であったり、マグナム・フォトのメンバー、エリオット・アーウィットの言う“私にとって写真とは観察の芸術だ。”というものであったり、枚挙にいとまがありません。
いろんなカメラが開発され、いろんな画角のレンズも開発される。そして、いろんな撮り方・技法の研究が進みますが、写真撮影はシンプルなところ何を見ているかに終着するのかもしれません。シャッターボタンを押すよりも先に行われている行為は、どこを見ているかであり、見ていないものを撮ることはできません。
また撮れていないものは、あとから付け足すことは絵画のアプローチであり、写真撮影とは違うものでしょう。
自分の目の前にあるものにきちんと対峙すること、自分がどう見ているかをカメラを通じて伝達すること、そういった作業をするにはX100のような単焦点のカメラは理に適っているようにも思えます。

イベントタイトル
X100の視点
作家紹介
Riccardo Spatolisano(イタリア)、Szymon Szczesniak(ポーランド)※敬称略
開催日時
2017年3月24日(金)- 4月13日(木)
開館時間
10:00 - 19:00 (入館は18:50まで)、無休(年末年始除く)
開催場所
富士フイルム 東京ミッドタウン本社1階 フジフイルムスクエア内

お問い合わせ
E-mail: fuji.gallery-x@fujifilm.com
Tel : 03-6271-3782 受付時間 10:00 - 18:00(年末年始除く)

スケジュール へ戻る