CAMERA&PHOTO IMAGING SHOW 2017

富士フイルム株式会社は、2017年2月23日(木)~2017年2月26日(日)に開催される「CP+ CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2017」に出展いたします。 開発発表からご注目いただいている中判ミラーレスデジタルカメラ「GFX 50S」と専用交換レンズ「フジノン GFレンズ」、Xシリーズ最新モデル「X-Pro2グラファイトエディション」「X-T2グラファイトシルバーエディション」「X-T20」「X100F」をはじめ、各シリーズのラインアップをご覧いただけます。カメラやレンズを実際にお試しいただける「タッチ&トライ」コーナー・無料レンタルサービスのほか、写真家によるトークショーやフォトウォークも実施いたします。 入力(デジカメ・チェキ)から出力(プリント)までのサービスをご提供する、富士フイルムならではの”写真の楽しみ方”のご提案として各種プリントサービスを体験いただけるコーナーもご用意しました。この機会にぜひご来場いただき、見て・触って写真の楽しさをご体感ください

→FUJIFILM CP+2017出展案内

会場

パシフィコ横浜
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
交通アクセス→

タッチ&トライコーナー

中判ミラーレスデジタルカメラ「GFX 50S」と専用交換レンズ「フジノン GFレンズ」や、ミラーレスデジタルカメラ「X-T20」、プレミアムコンパクトカメラ「X100F」をはじめ、「Xシリーズ」のラインアップをお試しいただけます。
「X-T2グラファイトシルバーエディション」、「X-Pro2グラファイトエディション」も ご覧いただけます。
望遠レンズをお試しいただける望遠レンズコーナーもご用意しております。

GFX/Xシリーズ
 スペシャルトークショー

GFX/Xシリーズを愛用している写真家を招き、カメラとレンズの魅力を語っていただきます。ここでしか聞けないスペシャルトークショーをお楽しみください。

2月23日(木) 12:00〜18:00

時間 講師 講師&内容
12:10-
12:50
浅岡 省一氏 浅岡 省一氏
光のポートレート Xの真価 #撮影手法 #レンズの選び方 #一挙公開
13:10-
13:50
萩原 史郎氏 萩原 史郎氏
GFXで風景表現はさらなる地平へ向かう
14:10-
14:50
阿部 秀之氏 阿部 秀之氏
GFX本格始動!  富士フイルムが考える高画質の世界。
15:10-
15:50
その江氏 その江氏
「日常」に彩りを添える ~X-T20を使ったフォトテクニック~
16:10-
16:50
吉永 陽一氏 吉永 陽一氏
X-T2「鉄」散歩 フィルムシミュレーションとAF-Cカスタム設定で楽しむ鉄道撮影
17:10-
17:50
阿部 秀之氏 阿部 秀之氏
GFX本格始動!  富士フイルムが考える高画質の世界。
▼講師プロフィール

浅岡 省一氏

浅岡 省一氏1973年東京都生まれ、中央大学大学院法学研究科修士課程修了。人物や商品等の広告撮影を得意とする傍ら、夕景/夜景/雨景とモデルを絡めた作品撮りを行っている。独特の感性で表現される光と空気感は多くのファンを魅了する。

萩原 史郎氏

萩原 史郎氏1959年山梨県甲府市生まれ。日本大学卒業後、株式会社新日本企画で「季刊(*現在は隔月刊)風景写真」の創刊に携わり、編集長・発行人を経験。退社後はフリーの風景写真家に転向。現在自然風景を中心に撮影、執筆活動中。著書に「四季の風景撮影」シリーズ8冊(日本カメラ社)、「構図決定へのアプローチ法」「RAWから仕上げる風景写真テクニック」「自然風景撮影 上達の鉄則60」「基本からわかる光・形・色の活かし方」(玄光社)他多数。2015年にはフジフイルムスクエアにて企画展「色 X 情」開催。日本風景写真家協会(JSPA)会員。

阿部 秀之氏

阿部 秀之氏東京生まれ。86年よりフリー。ヨーロッパの風景、ポートレート、コマーシャルなど、幅広いジャンルを撮影。 フリーになると同時にカメラ専門誌にも執筆をはじめ現在は、月刊カメラマンに「アベっちのタイムリー ショット」連載中。撮影だけでなく、技術的な解説も得意とする。 写真展は2012年には富士フイルムフォトサロン東京で、GF670だけで撮影した「ヨーロッパの街国(くに ぐに)」を開催。2016年には同サロンで「seas」すべては海と海辺の出来事。を開催している。

その江氏

その江氏新潟県出身。
東京造形大学卒業後、荒木英仁に師事する。2003年、「Lightinguz(ライトイングス)」を設立し独立。企業広告写真を中心にポスター、パンフレットなどを撮影。スティルライフ、ポートレート、インテリア、ペットと、幅広く活動。写真関連メーカーWEBサイト内、各種カメラサンプル画像などで、デジタル画像の美しさを追求。近年はガーデンフォトに心惹かれ、それと共に素敵なライフスタイルを極める人に関われることを幸せとしている。写真セミナーでは、「ハートで撮ること」の大切さを改めて伝えている。公益社団法人日本広告写真家協会正会員。

吉永 陽一氏

吉永 陽一氏1977年、東京都生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業後、建築模型会社を経て空撮会社へフリーランスカメラマンとして登録。約8年前から空撮で捉える鉄道写真に取り組む。また鉄道・旅などの紀行取材や集合撮影など、陸空で活動している。「空鉄(そらてつ)」という名で、鉄道空撮の世界を模索する日々である。また学生時代より、廃墟やスクエアフォーマットのカラーネガ作品を制作している。

2月24日(金) 10:00〜18:00

時間 講師 講師&内容
10:20-
11:00
富士フイルム開発者 富士フイルム開発者
GFX商品企画&開発者トークショー
11:20-
12:00
池之平 昌信氏 池之平 昌信氏
モータースポーツの現場で活躍するカメラ
12:20-
13:00
元田 敬三氏 元田 敬三氏
WE GOT THE GUN. X100Fで イザ・東京ストリート
13:20-
14:00
並木 隆氏 並木 隆氏
小さな万能カメラ -Xシリーズとの出会い-
14:20-
15:00
中村 成一氏 中村 成一氏
スタジオライティングによる 中判デジタルの魅力
15:20-
16:00
野呂 希一氏 野呂 希一氏
季節の彩り
16:20-
17:00
浅岡 省一氏 浅岡 省一氏
光のポートレート Xの真価 #撮影手法 #レンズの選び方 #一挙公開
17:10-
17:50
辰野 清氏 辰野 清氏
風光を魅るX-T2の世界
▼講師プロフィール

池之平 昌信氏

池之平 昌信氏東京工芸大学短期大学部写真技術科在学中より、国内の一般スポーツ競技、2輪4輪のモータースポーツを撮影。1987年にF-1GPを取材開始。以後F-1GP、WRC(世界ラリー選手権)、ル・マン24時間耐久レース、米国インディカーレースなど20ヶ国以上、約50ヶ所のサーキット等へ赴き、300戦以上の国際モータースポーツを取材、撮影。2009年フジフイルムフォトサロンにて個展「シャッタースピード レーシング」を開催。その後も「流し撮り」に関する書籍、DVD等を発表。カメラ・写真雑誌、自動車雑誌への寄稿多数。公益社団法人・日本写真家協会(JPS)会員。

元田 敬三氏

元田 敬三氏1971年大阪生まれ。桃山学院大学経済学部卒業後、ビジュアルアーツ専門学校大阪へ入学。在学中に「ON THE STREET, OSAKA」で第33回準太陽賞を受賞。1997年上京し、2001年、photographers’ galleryの立ち上げに参加。一貫して路上での撮影を継続し、国内外で写真展などを精力的に開催。写真集に『青い水』(ワイズ出版)、『MOTODABLACK』(マッチアンドカンパニー)、『Sunday Harajuku』(スーパーラボ)、『ツッパルな』(私家版)など。2016年11月〜2017年1月まで東京都写真美術館にて開催の「日本の新進作家vol.13」にて写真展開催。

並木 隆氏

並木 隆氏1971年東京生まれ。高校生時代月刊カメラマンを通じて丸林正則氏と出会い、以降写真の指導を受ける。東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)中退後、フリーランスに。花や自然をモチーフに各種雑誌誌面での作品発表。公益社団法人 日本写真家協会、公益社団法人 日本写真協会、日本自然科学写真協会会員。

中村 成一氏

中村 成一氏株式会社資生堂宣伝制作部に在籍の後、2006年に独立。広告写真、マガジン表紙撮影等をベースに作品制作。写真展を行っている。朝日広告賞、電通賞ポスター部門賞、ADC賞、年鑑日本の広告写真優秀賞他受賞。富士フイルムスクエア「GALLERY X」ほかで個展。武蔵野美術大学非常勤講師・副査。イルフォードマスター。写真館若手育成講座「写真館創生塾」の講師を務める。

野呂 希一氏

野呂希一氏1948年、北海道・函館出身。印刷会社、デザイン研究室を経て自然・風景写真家に。全国各地、津々浦々を取材した作品はカレンダーや月刊誌などに掲載されている。最近はガーデンの撮影が多く、植物の瑞々しさを表現するのに適したフジフイルムのXカメラで全て撮影している。主な著書に『文字の風景』や『色の風景』など日本語の風景シリーズ全10巻。『季節のことば』シリーズ全4巻。『さくら』、『トラピスチヌ修道院』、『旬の景色』など(いずれも青菁社刊)。日本風景写真協会指導会員。

浅岡 省一氏

浅岡 省一氏1973年東京都生まれ、中央大学大学院法学研究科修士課程修了。人物や商品等の広告撮影を得意とする傍ら、夕景/夜景/雨景とモデルを絡めた作品撮りを行っている。独特の感性で表現される光と空気感は多くのファンを魅了する。

辰野 清氏

辰野 清氏1959年生まれ、長野県在住。インテリアクリエイターを経てフリーに。第11回(2003年)前田真三賞を受賞。豊かな構成力と詩情溢れる作風で日本の風景表現の物語性を追求している。また写真講師としても定評があり、実践的な指導をもとに多くの写真家を育成している。写真集「凛の瞬」(風景写真出版) 著書「超実践的フィルターブック」「長時間露出の写真術」 (日本写真企画)など多数。写真展、企画展も多数開催。 コンテスト審査員、写真誌執筆、カレンダー、講演会、写真講師など幅広く活躍。(公社)日本写真協会会員、日本風景写真協会指導会員、日本写真家連盟特別講師、自然奏フォトアカデミー講師。

2月25日(土) 10:00〜18:00

時間 講師 講師&内容
10:20-
11:00
富士フイルム開発者 富士フイルム開発者
GFX商品企画&開発者トークショー
11:20-
12:00
吉永 陽一氏 吉永 陽一氏
X-T2「鉄」散歩 フィルムシミュレーションとAF-Cカスタム設定で楽しむ鉄道撮影
12:20-
13:00
野呂 希一氏 野呂 希一氏
季節の彩り
13:20-
14:00
藤里 一郎氏 藤里 一郎氏
ダブルフラッグシップノススメ
14:20-
15:00
辰野 清氏 辰野 清氏
風光を魅るX-T2の世界
15:20-
16:00
大浦 タケシ氏 大浦 タケシ氏
ここがいいね!  最強のスナップカメラX100F
16:20-
17:00
その江氏 その江氏
「日常」に彩りを添える ~X-T20を使ったフォトテクニック~
17:10-
17:50
阿部 秀之氏 阿部 秀之氏
GFX本格始動!  富士フイルムが考える高画質の世界。
▼講師プロフィール

吉永 陽一氏

吉永 陽一氏1977年、東京都生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業後、建築模型会社を経て空撮会社へフリーランスカメラマンとして登録。約8年前から空撮で捉える鉄道写真に取り組む。また鉄道・旅などの紀行取材や集合撮影など、陸空で活動している。「空鉄(そらてつ)」という名で、鉄道空撮の世界を模索する日々である。また学生時代より、廃墟やスクエアフォーマットのカラーネガ作品を制作している。

野呂 希一氏

野呂希一氏1948年、北海道・函館出身。印刷会社、デザイン研究室を経て自然・風景写真家に。全国各地、津々浦々を取材した作品はカレンダーや月刊誌などに掲載されている。最近はガーデンの撮影が多く、植物の瑞々しさを表現するのに適したフジフイルムのXカメラで全て撮影している。主な著書に『文字の風景』や『色の風景』など日本語の風景シリーズ全10巻。『季節のことば』シリーズ全4巻。『さくら』、『トラピスチヌ修道院』、『旬の景色』など(いずれも青菁社刊)。日本風景写真協会指導会員。

藤里 一郎氏

藤里 一郎氏男っぷりのよい写真、色香あふれる写真を撮る当世一”Hip”な写真家。大倉舜二氏に師事、96年独立。アーティスト“May J.”のコンサートツアー・オフィシャルフォトグラファーとして活動するほか、人気作家・“伊坂幸太郎”の「死神」シリーズのカバー写真をてがけ、人気女優“有村架純”と企画した写真展では5000人を動員。2016年2月、日本写真企画刊「ポートレイトノススメ」を出版。2016年3月、May J.×Fujisato Ichiro「私のものじゃない、私の歌」写真展(於FUJIFILM GALLERY X)5月、藤里一郎+鎌滝えり写真展「21」(WONDER PHOTOSHOP)共に大盛況で幕を降ろした。

辰野 清氏

辰野 清氏1959年生まれ、長野県在住。インテリアクリエイターを経てフリーに。第11回(2003年)前田真三賞を受賞。豊かな構成力と詩情溢れる作風で日本の風景表現の物語性を追求している。また写真講師としても定評があり、実践的な指導をもとに多くの写真家を育成している。写真集「凛の瞬」(風景写真出版) 著書「超実践的フィルターブック」「長時間露出の写真術」 (日本写真企画)など多数。写真展、企画展も多数開催。 コンテスト審査員、写真誌執筆、カレンダー、講演会、写真講師など幅広く活躍。(公社)日本写真協会会員、日本風景写真協会指導会員、日本写真家連盟特別講師、自然奏フォトアカデミー講師。

大浦 タケシ氏

大浦 タケシ氏宮崎県都城市生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業後、雑誌カメラマン、デザイン企画会社を経てフォトグラファーとして独立。以後、カメラ誌および一般誌、Web媒体、セミナーなど多方面で活動を行う。写真展としては、2006年3月「盆地〜もうひとつの記憶」(コニカミノルタプラザ)、2013年4月「Expression 〜生き物たちの肖像〜」(エプサイト)、2015年10月「蒼き刻 - Ink Blue Serenity in Tokyo - 」(キヤノンギャラリー銀座)など。公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。日本自然科学写真協会(SSP)会員。

その江氏

その江氏新潟県出身。
東京造形大学卒業後、荒木英仁に師事する。2003年、「Lightinguz(ライトイングス)」を設立し独立。企業広告写真を中心にポスター、パンフレットなどを撮影。スティルライフ、ポートレート、インテリア、ペットと、幅広く活動。写真関連メーカーWEBサイト内、各種カメラサンプル画像などで、デジタル画像の美しさを追求。近年はガーデンフォトに心惹かれ、それと共に素敵なライフスタイルを極める人に関われることを幸せとしている。写真セミナーでは、「ハートで撮ること」の大切さを改めて伝えている。公益社団法人日本広告写真家協会正会員。

阿部 秀之氏

阿部 秀之氏東京生まれ。86年よりフリー。ヨーロッパの風景、ポートレート、コマーシャルなど、幅広いジャンルを撮影。 フリーになると同時にカメラ専門誌にも執筆をはじめ現在は、月刊カメラマンに「アベっちのタイムリー ショット」連載中。撮影だけでなく、技術的な解説も得意とする。 写真展は2012年には富士フイルムフォトサロン東京で、GF670だけで撮影した「ヨーロッパの街国(くに ぐに)」を開催。2016年には同サロンで「seas」すべては海と海辺の出来事。を開催している。

2月26日(日) 10:00〜17:00

時間 講師 講師&内容
10:20-
11:00
元田 敬三氏 元田 敬三氏
WE GOT THE GUN. X100Fで イザ・東京ストリート
11:20-
12:00
池之平 昌信氏 池之平 昌信氏
モータースポーツの現場で活躍するカメラ
12:20-
13:00
並木 隆氏 並木 隆氏
小さな万能カメラ -Xシリーズとの出会い-
13:20-
14:00
織作 峰子氏 織作 峰子氏
GFXと旅したニュージーランド
14:20-
15:00
中村 成一氏 中村 成一氏
スタジオライティングによる 中判デジタルの魅力
15:20-
16:00
萩原 史郎氏 萩原 史郎氏
GFXで風景表現はさらなる地平へ向かう
16:20-
17:00
富士フイルム開発者 富士フイルム開発者
GFX商品企画&開発者トークショー
▼講師プロフィール

元田 敬三氏

元田 敬三氏1971年大阪生まれ。桃山学院大学経済学部卒業後、ビジュアルアーツ専門学校大阪へ入学。在学中に「ON THE STREET, OSAKA」で第33回準太陽賞を受賞。1997年上京し、2001年、photographers’ galleryの立ち上げに参加。一貫して路上での撮影を継続し、国内外で写真展などを精力的に開催。写真集に『青い水』(ワイズ出版)、『MOTODABLACK』(マッチアンドカンパニー)、『Sunday Harajuku』(スーパーラボ)、『ツッパルな』(私家版)など。2016年11月〜2017年1月まで東京都写真美術館にて開催の「日本の新進作家vol.13」にて写真展開催。

池之平 昌信氏

池之平 昌信氏東京工芸大学短期大学部写真技術科在学中より、国内の一般スポーツ競技、2輪4輪のモータースポーツを撮影。1987年にF-1GPを取材開始。以後F-1GP、WRC(世界ラリー選手権)、ル・マン24時間耐久レース、米国インディカーレースなど20ヶ国以上、約50ヶ所のサーキット等へ赴き、300戦以上の国際モータースポーツを取材、撮影。2009年フジフイルムフォトサロンにて個展「シャッタースピード レーシング」を開催。その後も「流し撮り」に関する書籍、DVD等を発表。カメラ・写真雑誌、自動車雑誌への寄稿多数。公益社団法人・日本写真家協会(JPS)会員。

並木 隆氏

並木 隆氏1971年東京生まれ。高校生時代月刊カメラマンを通じて丸林正則氏と出会い、以降写真の指導を受ける。東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)中退後、フリーランスに。花や自然をモチーフに各種雑誌誌面での作品発表。公益社団法人 日本写真家協会、公益社団法人 日本写真協会、日本自然科学写真協会会員。

織作 峰子氏

織作 峰子氏石川県生まれ。1981年度ミスユニバース日本代表に選出される。ミスユニバース任期中に写真家・大竹省二と出会い、1982年大竹省二写真スタジオに入る。1987年独立。
世界各国の美しい風景や人物の瞬間を撮り続け、日本全国や世界各地で写真展を多数開催。
「ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡」展覧会を2月25日(土)〜3月26日(日) 福井市美術館にて開催。
「DIMENSIONS 2」展覧会を3月28日(火)〜4月9日(日) LADS GALLERYにて開催。
「New Zealand」展覧会を4月21日(金)〜5月11日(木) 富士フイルムフォトサロン 東京にて開催。
大阪芸術大学教授 写真学科 学科長・大阪芸術大学通信教育部長・日本広告写真家協会 理事。

中村 成一氏

中村 成一氏株式会社資生堂宣伝制作部に在籍の後、2006年に独立。広告写真、マガジン表紙撮影等をベースに作品制作。写真展を行っている。朝日広告賞、電通賞ポスター部門賞、ADC賞、年鑑日本の広告写真優秀賞他受賞。富士フイルムスクエア「GALLERY X」ほかで個展。武蔵野美術大学非常勤講師・副査。イルフォードマスター。写真館若手育成講座「写真館創生塾」の講師を務める。

萩原 史郎氏

萩原 史郎氏1959年山梨県甲府市生まれ。日本大学卒業後、株式会社新日本企画で「季刊(*現在は隔月刊)風景写真」の創刊に携わり、編集長・発行人を経験。退社後はフリーの風景写真家に転向。現在自然風景を中心に撮影、執筆活動中。著書に「四季の風景撮影」シリーズ8冊(日本カメラ社)、「構図決定へのアプローチ法」「RAWから仕上げる風景写真テクニック」「自然風景撮影 上達の鉄則60」「基本からわかる光・形・色の活かし方」(玄光社)他多数。2015年にはフジフイルムスクエアにて企画展「色 X 情」開催。日本風景写真家協会(JSPA)会員。

多くのお客様にご好評いただいている「Xシリーズ」のフラッグシップモデル「X-T2」を無料でお貸し出しし、写真家の先生と一緒にみなとみらい近郊を撮影しながら回る体験会です。カメラの基本的な使い方はもちろん、撮影テクニックも学ぶ事ができます。
X-T2にご興味のある方、ご購入をご検討中の方はふるってご参加ください!

参加いただく場合は事前登録が必要となります。
下記「フォトウォーク参加申し込みはこちら」をクリックして
申し込みフォームより事前登録をお願いいたします。
※参加申し込みは終了いたしました。

開催日時

2/23(木)  14:00〜15:30
2/24(金)  10:30〜12:00
2/24(金)  14:00〜15:30
2/25(土)  10:30〜12:00
2/25(土)  14:00〜15:30
2/26(日)  10:30〜12:00

※各回開始時間の10分前までに集合場所にお集まりください。時間厳守でお願いいたします。

※入場に時間がかかることが予想されますので、 余裕をもって会場にお越しいただくことをおすすめします。

参加定員数

各回10名

貸出機材

X-T2 & XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

講師

今浦 友喜氏

今浦 友喜氏
1986年埼玉県生まれ。風景写真家。雑誌『風景写真』の編集を経てフリーランスになる。日本各地の自然風景、生き物の姿を精力的に撮影。雑誌への執筆や写真講師として活動している。

参加申し込み受け付け期間

2/13(月)正午まで。

※参加者には2/15(水)までにメールにてご連絡させていただきます。

※申込者多数の場合は、抽選の上、メールにて当落をご連絡いたします。

※参加申し込みは終了いたしました。

集合場所

富士フイルムブース内の10畳プリント前にお集まりください。

備考

・ご参加いただけるのは、お申込されたご本人のみです。
権利の譲渡、転売はできません。
※同伴者のご参加をお断りさせていただいておりますのでご了承ください。

・弊社にて実施中風景を撮影し、その画像を弊社配布の広告物やWebページ等で掲載させていただく場合がございます。

・抽選結果に関するお問い合わせには一切お答えできません。

・本イベントは貸し出し機材を利用してのイベントとなります。お客様がお持ちの機材はご利用いただけませんので予めご了承ください。

多くのお客様にご好評いただいている当社Xシリーズデジタルカメラ・XFレンズを無料でお貸し出しいたします。ミラーレスデジタルカメラのフラッグシップ機である「X-Pro2」、「X-T2」、交換レンズ「XFレンズ」を多数ご用意しております。レンタルサービスをご利用いただいたお客様にはレンタル機材で撮影した写真をプリントいただける「プリント体験券」をプレゼントいたします。

サービス受付時間

2/23(木) 12:00~16:00
2/24(金) 10:00~16:00
2/25(土) 10:00~16:00
2/26(日) 10:00~15:00

※貸出時間は最長3時間となります。

※事前予約等は行いません。

※貸出台数に限りがあるため、なくなり次第終了とさせていただきます。

※当社ブース外でもご使用いただけます。

費用

無料

ご持参いただくもの

(1)ご本人確認ができる顔写真付きの身分証明書(運転免許証またはパスポートなど)
(2)ご本人名義のクレジットカード
(3)当日ご連絡のつく携帯電話
(4)当日レンタル機材での撮影にお使いいただくSDメモリーカード

貸出機材

Xシリーズカメラボディ:X-Pro2/ X-T2
XFレンズ:XF14mmF2.8 R / XF16mmF1.4 R WR/ XF18mmF2 R / XF23mmF1.4 R / XF23mmF2 R WR /XF27mmF2.8 / XF35mmF1.4 R / XF35mmF2 R WR / XF56mmF1.2 R / XF56mmF1.2 R APD / XF60mmF2.4 R Macro / XF90mmF2 R LM WR / XF10-24mmF4 R OIS / XF16-55mmF2.8 R LM WR / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS / XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR / XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR / XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS/ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR / XF1.4X TC WR / XF2X TC WR

※貸出機材は、お一人さま1台(本)までとなります。
 ①カメラボディのみ
 ②レンズのみ
 ③カメラボディ+レンズ(ボディ1台につきレンズ1本まで)のいずれか。

その他注意事項

・本レンタルサービスを利用するにあたり、身分証明書ならびにクレジットカードのコピーを頂きます。

・利用規約書へのご署名と、当日連絡がとれる携帯電話番号の記載が必要になります。

・貸出機材の紛失、破損の場合は、メーカー設定価格を上限にお買い取りいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

・サービスの内容、貸出機材は予告なく変更、終了する場合があります。

クイックメンテナンスサービス

昨年のCP+でご好評いただきましたクイックメンテナンスサービスを、本年も実施いたします。当サービスは、お客さまにご愛用いただいている当社Xシリーズデジタルカメラ・レンズなどの外観クリーニング、簡易動作チェック、ファームウエアアップデートを当社専門スタッフが行うものです。今年は、皆さまの待ち時間を少なくするため時間指定での電話予約を受付いたします。下記申し込み窓口までお電話にてお願いいたします。また、当日の飛び込みも歓迎です。ただし、予約のお客さまが優先となること、定員になり次第飛び込みの受付を終了することを予めご承知おきください。

サービス受付時間

2/23(木) 12:00~17:00
2/24(金) 10:00~17:00
2/25(土) 10:00~17:00
2/26(日) 10:00~16:00

※最終受付は、サービス提供時間終了の30分前となります。
※所要時間は、お一人さま15分程度です。

費用

無料

メンテナンス対象・制限

当社Xシリーズ デジタルカメラで、お一人さま1台まで。
(レンズ交換式カメラの場合は、ボディ1台+レンズ1本まで)

その他注意事項

・定員になり次第、飛び込みの受付を終了させていただきます。

・予約いただいた場合も、当日の状況により若干お待ちいただく場合があります。

・診断の結果により故障が発見された場合、別途修理にお出しいただく必要がございます。
(本サービスでは、修理品をお預かりいたしかねます。)

予約申し込み/お問い合わせ

Xユーザーサポート予約受付窓口
TEL:050-3786-7880
受付時間 月曜~金曜 9:30~17:30/土曜・日曜・祝日 10:00~17:00

各種プリントサービス

スマホ時代にマッチした「ましかくプリント」。さまざまなシーンや用途にあった豊富な「フォトブックラインアップ」。お気に入りの写真をパネルや額装に加工して飾れる「WALL DECOR」など幅広い写真の楽しみ方をぜひご体験ください。

「六切ワイドプリント体験」に関して

・本プリントサービスは、以下の方が対象となります。
ーブース内にXシリーズをお持ち頂き、スタッフにお見せ頂いた方
ーレンタルサービスご利用者またはフォトウォークにご参加頂いた方

・SDカードはお客さまにてご用意ください。

・プリントサービスはお一人様一日一回までです。

・プリントは受付機の注文から、約1時間後のお渡しとなります。

・プリントの仕上がり時間について混雑状況によりましては、1時間以上お時間をいただく場合もございますので、ご了承ください。

・RAW撮影データは、注文受付機でお受けできません。

・撮影画像サイズとプリントサイズの縦横の関係で画像の一部がカットされますので、ご了承ください。

・プリント画像は「3:2」比率の撮影画像をお勧めいたします。

・トリミングや色調整(濃度や色調)の指定は、お受けできません。

・本プリントサービスはFUJICOLOR プロレーザープリント仕上げです。

・ペーパーはグロッシー(光沢)とラスター(微光沢)からどちらかをお選びください。

・プリントは、お客さまの希望される画像を六切ワイド(203x305mm)フチなしサイズでお渡しいたします。

・カメラ、モニター等のハードウェアや撮影条件の差異により、仕上がりがお客さまのイメージと異なる場合があります。

・当日、ご不明点ございましたら、FUJIFILMブース内スタッフにお声掛けください。

・プリントの受付時間は23日(木)~25日(土)は10;00~17:00まで、26日(日)は16:00までです。
(閉館1時間前まで)

・仕上がりプリントは当社ブース内「プリントお渡しコーナー」にてレシートと引き換えにお渡しさせていただきます。
(閉館時間まで)